銀河高原ビール

 らもす・・・これね、知ってたけど 買うのは初めて


 11月25日(金)まで、渋谷UPLINK Xにて
 「大津波のあとに」「槌音」という
 ドキュメンタリー映画が上映されています。
 公式サイトは→ こちら
 映画の感想を書かれてる方もいます→ こちら
 (「槌音」(つちおと)の監督大久保愉伊(おおくぼゆい)は
 大槌町出身で高校の後輩にあたります。
 あの日亡くなった同級生も、この大槌町に住んでました。)

 お近くにお住まいの方もそうじゃない方も観に行ってやってくださいませ。
 よろしくお願いします。





 深いネイビーブルーのビンと
 
e0147716_23591679.jpg

 ラベルが可愛くて買っちゃったけど
 
e0147716_00422.jpg

 これ、美味しいのかな~?
 

 
e0147716_012074.jpg


 岩手の地ビール。銀河高原ビール です。
 (ちなみに、盛岡―金田一温泉間を走る在来線は「いわて銀河鉄道」って言うんだよ。
 これに乗ると実家の最寄り駅に着くの。でも新幹線に乗っちゃうからこれには乗らない。)

 銀河高原ビール。
 日本のスーパーで売ってるのを一本だけ買ってみました。
 まさか、らもす地方でも買えると思ってなかったので
 嬉しくて買っちゃいました。






 ・・・というのも

 私は普段 お酒を呑みません。
 「呑めない」 のではなく 「呑まない」 のです。

 最近では、サッカー仲間との宴の席でちょこっと呑むと
 「あれ 酔っ払ってる? きゃー女の子みたいで可愛い!」
 なーんて喜んでますが(笑)
 元々、アルコール分解酵素(アセトアルデヒド脱水素酵素)というものが
 よく働いてくれる体質のようで
 昔は、「酔っ払うって どーなるの?」・・・
 「どーして、あなたは(後輩)でろんでろんに乱れるの?」・・・
 と、どんなに呑んでも、一人しゃんとしてて、
 誰かの背中をさすり、誰かの重い身体を肩に担ぎ、床まで掃除し・・・
 二日酔いもない人でした。
 しかし、量は呑んでも、美味しいと感じたことはほとんどありません。
 実は お酒の味がとっても苦手なんです。
 どんなに高級と言われてるお酒でも、みんなが美味しいと言うお酒でも
 ちーっとも、その美味しさがわからない。もったいないザル人です。(笑)

 私の場合、お酒は味わうものではなく、
 その場の雰囲気を楽しむためのものかもしれません。

 現に、「好きだな~ この人!」って相手と一緒に呑むと
 おかわりはしちゃうし、ジュースみたいで美味しいし(苦笑)
 めちゃくちゃ楽しくて、「イェーイっ!」とテンション↑↑↑


 そんな私のことを、アルシンドは羨ましがります。
 アルコール分解酵素の働きが弱いアルシンドは
 一口呑んだだけで、ゆでだこのように真っ赤になり、すぐに寝てしまい、
 目が覚めると今度は真っ青になり、寒気がしてきて、酷いときは吐く。
 アルシンドの周りに居るほとんどの人は、みんなお酒好き。
 呑む機会の多いアルシンドにとっては
 私のように、好きな時だけ呑める体質は、かなり羨ましいのだとか・・・
 それに、呑める私は、お酒の味がわからない人なのに
 呑めないアルシンドは、お酒の味がわかるようで、美味しいと言うのです。
 お酒の味が嫌いじゃないアルシンドが呑めないって・・・カワイソウ。(ぷぷ)
 あ。そうそう。私の友達は呑めない人が多いのですが
 そういう人の方が、「お酒の味は好きなんだけど・・・」って言う人が多いような気がします。

 で、今回買って来た ビール。
 
 お酒の中でも苦手な味が・・・ ビールの味なのです。
 だから、私がビールを買い物カゴに入れることってほとんどありません。
 「今日から毎晩1本ずつビールを呑むぞっ!」と、箱買いするのはなぜかアルシンド。
 「どーせ買っても半分も呑めないんだし、言っとくけど、私は呑まないからね!やめとけっ!」って言うのは私。
 そんな苦言も無視してアルシンドはビールを買います。(そういうビールが家にはたくさん残ってます)
 あとは、家にお客様が来るときくらいかな・・・

 私がビールを買ったのってたぶん・・・ かなり昔のこと。
 歌う聖子ちゃんペンギンが可愛くて買った
 小さい小さいペンギンの缶ビールが初めて買ったビールだったと思う。

 その次が、↑これかも?
 私にしては珍しい買い物でした。
[PR]

by loveletterjunkone | 2011-11-22 11:22 | おかあさんのこと