肥ゆっても・・・肥ゆっても・・・

らもす・・・かあちゃん、腹いっぱい!

ラーメン餃子に半ライス

あ~~何て良い響きざんしょ!
餃子、餃子、餃子・・・頭の中を餃子が泳ぐ。
一度だけなら、まだ我慢できるのに、
これでもか、これでもか・・・と、続いたのですよ~
彼女 の餃子さん!
餃子さんが続いた 彼女 のブログを観た後は、
それが朝でも昼でも夜でも「食べたいっ!」
参りましたっ!!!罪なお人だよ~(笑)

でもね、ここ らもす地方には、美味しい餃子のお店なんてないんですよ。
(注: ここで言う餃子とは日本の餃子で、チャイニーズ餃子はあります)
マンハッタンに出て探せばあるのかもしれないけど
知らないし、あっても往復2時間かけて食べに行くってのもな~って感じでしょ?
ま、今までマンハッタンにあるラーメン屋さんで食べた餃子も、
日本の美味しい餃子と比べるとイマイチの味で、
これなら家庭の味と大して変わらないじゃんって餃子ばかり。

そういうわけで、餃子は手作りだったわけです。
我が家で作る餃子は大きく分けると3種類。

① オーソドックスな餃子
② 鳥挽肉にシソなどのあっさり餃子
③ 大根と豚バラの大根餃子


以前は、①の餃子を作る事が多かったのですが
実は、わたくし、皮から作ってたんですね。
皮も自分で作ると本当に美味しい餃子ができるのですが(皮って大事)
そりゃ~もう大変さっ!の一日仕事になってしまうのですね(・・・って大袈裟な)
ちょっとそれがしんどくて、オーソドックスな餃子作りは避けてしまってたのです。
そんな時、お友だち の家で食べさせてもらった③の大根餃子。
これがとっても簡単で美味しくて、しかも市販の皮を使ってたので
最近では、餃子と言えば、大根餃子が定番になっておりました。
e0147716_352391.jpg

豚バラ肉は細かく叩く。
ちょっと多いかなと思う量のオイスターソースで味付けし、しばらく置く。
大根は餃子の皮に包みやすい長さの短冊切りにし、塩を振ってしんなりするまで置く。
豚バラと水分を絞った大根を合わせ、よく混ぜる。(時間があれば、少し寝かせた方がいいかも?)
市販の餃子の皮で棒状に巻く。
フライパンに多目の油を熱し、出来れば全ての餃子を並べる。
水は入れず、焼き色が付き、火が通るまで両面を焼く。
何も付けずにいただく。


ところが、ここんとこ食べたかったのは①の餃子。
ここんとこ観て美味しそうだったのも①の餃子。(たぶん)
皮を作るのは面倒だ・・・
そんな事を言ってたら、この先、我が家では食べられないかも?①の餃子。

・・・で、大根餃子用に冷凍してた市販の皮があったので
その皮で①の餃子を作ることに決めましたの。
勿論、ラーメンと半ライスもつけちゃいますよ~んっ!
e0147716_37863.jpg

ラーメン餃子に半ライス!(半ライスじゃないって?)
↑ちなみに今日はアルシンドのリクエストで白飯に。いつもは胚芽玄米。
e0147716_382969.jpg


らもす地方は材料が手に入るだけ恵まれてるのですが
それでも、海外の田舎に住んでるって大変でしょ?(笑)
餃子も手作りせねばならんのですから・・・(一応、Aの素とかの冷凍餃子は売ってます)
何年か前までは、車で20分の場所に一軒だけラーメン屋さんがあったのですが
いくら日本人が多く住む地域でも、地元=外国人が馴染みのお店にしてくれないと
こっちでは商売できないんですね。(だからお店のすき焼きにはブロッコリーが入ってたりする)
はい。そのラーメン屋さんもすぐにつぶれました。
あ、パスタ屋さんってのもあったっけな~~~

やっと食べることができた餃子。
やっぱり皮は手作りした方が旨いのですが  これで良いのだっ!
こんなに食べたらカロリーが気になるけど  それも良いのだっ!
食べたいもん食べて、あとは明日から、明日から・・・(こればっかり)
余は満足じゃ~~


やっぱ、秋(も)肥ゆる・・・だろう。



*それにしても、時間かけて調理しても、
 たった15分(かからず?)で ←ラーメンだしね
 食べ終わっちゃうのって、なんだかな~だよね。

 この記事の画像で使われてる器は全て自作です。
[PR]

by loveletterjunkone | 2009-10-12 14:30 | 器 料理 など