ぼっこぼこにされた

らもす・・・痛いより痒いに耐えられないんだよ~

らもす地方は、レイバーデーの3連休。
この3連休が終わると、新学期が始まります。

連休一日目、いつもの公園に行ってみた
(この道を歩こうと思ったのに、らもす、砂利道は肉球が痛くて歩けません)
e0147716_1461199.jpg

いつもの公園というのは、カメのいる公園ではない。
e0147716_1481938.jpg

シーズン中、パーキング代を取られるから行けない公園の方だ。

最初は久しぶりってこともあり、浮かれてたのですが
だんだん・・・だんだん・・・不機嫌に。



ぷぅ~~~んっ



あの不快な音がずっと付いてくるではないか・・・
そう、もうおわかりですね。

 です。

蚊の多い地方にお住まいの方には、ぶっ飛ばされそうですが
らもす地方で、蚊に刺されることは、あまりありません。
特に、「ウエストナイル熱」 感染者が報告されてからは
定期的に殺虫剤の散布が行われています。
蒸し暑い夏の夜の散歩でも、まず刺される事はありません。

カメの居る公園は、住宅地にあるからか?
薬が撒かれているようで、ここで刺される事はなかったのですが
いつも行ってた広い広い公園は、住宅のない場所にあり
あまりに広すぎるため、薬は撒かれていないようです。

はい、そうですね~刺されます

でも、不思議なのは、今まで通ってた広い公園。
6月~8月の一番刺されやすいと思ってる時期には刺されません。
もちろん、虫除けスプレーしてるってのもあるのでしょうが・・・
しかーーし、毎年この時期(9月)の蚊は
虫除けを振ってても、昼でも、夕方でも、洋服の上からでも、吸血します。
なぜなんでしょう?
「とりあえず、どんな血でも手当たり次第吸っておこう」・・・みたいな狂気を感じます。

蚊に刺されずひと夏を越せそうだったのに・・・・・・・・・

たった、30分でボッコボコにされました。
e0147716_1515548.jpg

今までの努力が水の泡・・・

ぼっこぼこにされ、かっゆかゆ・・・




食物連鎖
[PR]

by loveletterjunkone | 2009-09-07 13:10 | 公園 散歩