<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 当たるか当たらないかは・・・ あなた次第?

 らもす・・・当たったら何がほしい? ふふ

 当たり前のことだけど・・・

 買わなきゃ 当たらない宝くじ。
 
e0147716_8324649.jpg


 でも・・・

 買っても 当たらない宝くじ。
 
e0147716_8333125.jpg


 みなさん、宝くじって 買ってますかぁー?


 若い頃は、本気で「当たったら、どうしよう?」って、あれこれ考えたものだけど
 この頃じゃ、冗談で「当たったら、どうしよう?」って、あれこれ考えもしない。

 それでも、買いつづけなきゃ~当たらないのですよ。
 って、高額宝くじに当たった人は言ってますよね。
 こちらでも、「たまたま」買った人よりも、
 「ずーっと」買いつづけてた人が、何百億とか何千億とか当てちゃうわけです。
 ここまでケタ違いに高額だと困惑しそう。きっと「恐いっ!」って思いそう。

 実は、昔勤めてた職場の女性が、
 「一等前後賞一億円の組み違い」とやらで「100万円」を当てたことがあるのです。
 (そのクジを見せてもらったけど、数字がピッタリでビックリしました。
 でも、組が違うだけで、もらえる当選金がこんなにも違うんだーってことにもビックリしました。)
 その女性も、一度に買う枚数は多くなかったけどコツコツ買い続けてきた人だった。

 「当たり前だけど、買わなきゃ、当たらないわよ」・・・その人もそう言ってた。

 ・・・で、期待はせず。でも彼女の言葉を信じて。
 だけど買うときは、清志郎の 「宝くじは買わない」 って歌が頭ん中で流れ・・・
 それでも、発売された年から買い続けてる宝くじがある。
 ま、買いつづけてると言っても、1ヶ月に1~2度買うくらい。
 それは、自販機で買える$2のスピードくじ(スクラッチ)で
 私が一番「当たったらいいな~」と思ってる宝くじだ。

 WIN FOR LIFE→$1000、$2000、$5000の3種類ある。

 これ、当たると、生涯 週に1000ドルずつ(もしくは、2000ドル、5000ドル)もらえるのだ。
 一度に大金を手にするのではなく、毎週、死ぬまでもらえるというもの。
 想像できない当選金よりも、具体的に使い道を考えられるから現実的である。
 そういうところが、私には魅力的な宝くじなのだ。

 $1000クジは一枚 $2
 $2000クジは一枚 $5
 $5000クジは一枚 $30(最近、発売されたようで、$30もしやがる 笑)

 一枚で2つのゲームを楽しめるようになっていて
 1つは、自分の数字よりも相手の数字が小さかったら 当たりってのと
 もう1つは、同じ数字が3つ揃えば 当たりってもの・・・
 ここに、「LIFE LIFE LIFE」の文字が3つ揃えば大当たりだ。
 ほんとは、$2000もらえる$5クジを買い続けたいのだが
 買い続けるには、ちと高いので、$2のを買っている。
 今まで当てた最高金額は「$100」で、「$2」とか「$20」もちょこちょこ当ててる。
 ・・・が、ほとんどはハズレてるので元を取っただけ。
 それでも、「買わなきゃ、当たらない」

 んで、面白いことに、アルシンドと友達の旦那さん何人かの男性たちは
 こういう「ちまちま」したものに当たるよりも(←ちまちまじゃないんですけどぉ)
 「どかーん」と100億円が当たったほうが良いと言う。
 しかし、私の周りの女性達は、みな私と一緒で、
 一度に100億円もらうより、毎週確実に 「$1000」 もらえる方が良い!と言う。
 やっぱ、女って・・・現実的なのかしら?

 あなたなら、「ちまちま」と「どかーん」 どちらがいい?(笑)

 あなたにも買い続けてる宝くじってありますか?
 当たったら、どーする?(笑)

 
 らもす地方のローカルテレビ局では、
 高額宝くじに当たった人にインタビューしてる映像を流すことがある。
 購入したお店(デリ)の前で、当選金が書かれたでっかいパネルを持って喜ぶ当選者。
 「あらあら。いいの?大丈夫?」 そこは治安が良いとは言えないのに・・・

[PR]

by loveletterjunkone | 2011-07-29 08:51 | おかあさんのこと

 茗荷 (みょうが)

 らもす・・・カリウムと食物繊維以外はほとんど栄養素はないんだってさ

 茗荷の香りは 夏の香り・・・

 
e0147716_6152389.jpg


 こちらでも、日本のスーパーで買うことができます。
 3つで 約800円は、けっこーお高いのですが
 この時期にしか手に入らない旬のものは(こっちでは7月~9月くらいまでかな・・・)
 やっぱり食べたい。
 私は、冷奴より、炒め物より、お味噌汁の茗荷が大好き。
 コリアンダー(パクチー)が苦手なアルシンドも茗荷は好きです。


 いやぁー。毎日暑い。朝から暑い。

 らもすを車に乗っけると、ここに立つ
 
e0147716_6171781.jpg


 ここで待ってる・・・
  
e0147716_6181062.jpg


 らもす、明日明後日は、もっともっと暑くなるんだってさ
 
e0147716_619967.jpg


 ひょえええええええ
[PR]

by loveletterjunkone | 2011-07-21 06:33 | 好きなもの

 いらっしゃいっっっ!

 らもす・・・一緒に遊びにいこうぜっ!


 ま、どーぞ、どーぞ。
 狭い我が家(それも仮の住まい)ですが、遠慮なさらずに どーぞ。
 
e0147716_454311.jpg


 もっちろん。冷たい飲み物もありますよ。
 いかがですか?
 
e0147716_461915.jpg


 それとも 温かいお飲み物の方が良いですか?
 
e0147716_47983.jpg


 我慢せず、ゆっくりとおくつろぎくださいな。
 
e0147716_474918.jpg


 今日も暑いですね~ あらあら。汗だくになって・・・
 何なら お風呂でさっぱりしてく?
 
e0147716_483121.jpg


 パンツと靴下は 洗濯しとくよ。
 
e0147716_491844.jpg

 
 あら こんな時間。
 一緒に夕飯も食べてく?
 
e0147716_4101049.jpg

 
e0147716_410493.jpg

 
e0147716_4112229.jpg


 昨日の残り物も温めましょうか?
 
e0147716_412422.jpg


 ご飯が炊けるまで、テレビでも観ててくださいな。
 あ。エアコンは28℃設定でね。
 
e0147716_4125463.jpg


 お米持参で、いつでも、どーぞ!

 
e0147716_4134582.jpg


 4畳半2間の小さいお家に 不釣合いな でっかい家電6点セット
 (テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、炊飯器)
 皆様から頂いた有難いセットは、ながーく大切に使わなきゃね!
 
e0147716_4141413.jpg


 「泊まってって」とは言えない狭さだけど・・・
 大人3人と犬2匹の部屋は、ぎゅーぎゅーで暑くなるけど・・・
 この仔がお出迎えしてくれる(はず)・・・(笑)
 
e0147716_4175673.jpg

 ちなみに この仔は ここにはおりません。(ペコリ)
 
e0147716_4213460.jpg



 遊びに来てねっっっ! (笑)


 画像は全て、この日(6月19日)引っ越したばかりの親戚の
 仮設住宅にお邪魔した時のものです。
[PR]

by loveletterjunkone | 2011-07-19 04:24 | 動物のこと

 どらむかんが ころんだ

 らもす・・・いってぇーーーよぉ


 かあちゃん(どらむかん)が ころんだ。
 
e0147716_4484132.jpg

 よそ見(どこでボール遊びしようかな?)してて ころんだ。
 
e0147716_449556.jpg

 穴ぼこに(除雪車が削ったデコボコ道)はまって ころんだ。
 
e0147716_4503992.jpg

 おねーさんの(いつもは貸切なのに)前で ころんだ。
 
e0147716_4512313.jpg

 「大丈夫?」って聞かれて「だいじょーぶ!」って 笑った。


 ほんとーは ぜんぜん だいじょーぶ じゃないんだよ~~~
 
e0147716_452819.jpg


 腫れた。(左足の膝下)
 
e0147716_4525241.jpg

 ぼこっと 腫れた。(右手の親指の下も腫れてる)
 
e0147716_4532724.jpg

 ついた。(あーぁ。こんな日に白いパンツ)
 
e0147716_454730.jpg

 べったり ついた。(暑さで溶けてた コールタール?)
 
e0147716_4543789.jpg



 いっ てぇ よぉ ーーーーーーーー

 (このまま帰ろうかとも思ったが、びっこ引き引き、らもすとボール遊び(5分だけね)して
 只今、がんがん冷やしちう。まだお昼食べてない←只今午後4時、はらへりちう。)



 ところで、白いパンツについたコールタールって取れるのでしょうか?
[PR]

by loveletterjunkone | 2011-07-13 05:03 | 公園 散歩

 姪っ子一号へ

 らもす・・・歳を重ねるのもいいもんだけど、若いってまぶしいものよのぉ~

 姪っ子一号よ。
 キミに言っておきたいことがある


 いずれはキミも
 キミの母のように・・・
 キミの伯母のように・・・
 
e0147716_4374412.jpg


 キミの祖母のように・・・
 
e0147716_4382591.jpg


 なるであろう。

 なぬぅ~~~?
 「やっだ~~~!」 だって?

 あのな。
 キミの母にも(妹)、キミの伯母にも(私)
 20代の頃はあったのだ。
 そして、今のキミと同じように、
 「やっだ~~~!」って言ってたのだ。

 それが、どーだっ?
 このザマだっ!
 嫌でも、こーなってしまうのさっ!(笑)


 それは、姪っ子一号も重々承知のようで
 「何もせずにいたら、いずれ自分も・・・」と20年後に危機感を抱いてる。
 だから、6時過ぎの夕飯はなるべく食べないようにしてる。
 だから、お風呂に入ると半身浴して1時間半は出てこない。
 私が継続できないコロコロで、いつもコロコロしている。
 ぺったんこのお腹や、細い足を、揉んだり引っ張ったり捻ったりしてる。
 セルライトを、つぶしているんだとか・・・
 あの梱包材の「プチプチ」のようにつぶれるんだとか・・・

 ついでに、私のお腹にあるセルライトも、ぞうきんを絞るようにやってもらったが
 これが痛いのなんのって・・・
 それなのに「プチプチ」潰れなかったんだとさ。(ちっ)
 私のお腹は次の日、アザだらけになり、筋肉痛に似た痛みが残った。

 姪っ子一号・・・かなり努力している。
 それはそれで偉いな~と思うが・・・
 それ以上痩せなくても、じゅーぶんモデルさんのようだよ。
 
e0147716_4423314.jpg



 ちっちゃい頃は ぷくぷくしてるのが、可愛かったのにね~ ふふ
 
e0147716_4432036.jpg



 しっかし、ずいぶん大きくなったものだ~(私より背が高い)




 そんな姪っ子一号と、妹と私とアルシンドでドライブしてた時のこと・・・
 恋愛話で盛り上がってた車中で、姪っ子一号に、こんな質問をしてみた。
 「顔は山p似のイケメン(姪っ子はNEWSが大好き)で、一緒に居ると楽しい。
 だけど、チャラ男でちょっと頼りなくてお金がない男性と
 容姿は全くイケテナイおじさんで、一緒に居ても話が合わない。
 だけど、しっかりしてて頼りになるお金持ちの男性では
 どっちと付き合いたい?どっちと結婚したい?」
 即答で「お金持ちのおじさん」と答えた。
 「山p似だよ?手越似でもいいよ?」と念を押したが、返ってきた答えは
 「山p本人なら良いけど、それはないから、やっぱりお金持ちのおじさん」
 だった・・・
 うーーーん。伯母さんとしては、なんだか複雑な答えだ。
 私が20代の頃は、「愛さえあれば何でも乗り越えられる」と信じていたが
 この子は、まだ若いのに、20代前半なのに、
 愛よりお金を選ぶ子なのか?・・・

 姪っ子一号は、きっとまだ ホンモノの恋愛をしたことがないのだろう。

 妹がこっそり教えてくれた。
 姪っ子一号は、アルシンドをカッコいいおじさんだと思ってるらしい。
 ぷぷぷ 



 女友達と一緒に居るほうが楽しくて居心地が良いと言う 姪っ子一号。
 うんうん。それも分かるけど・・・
 恋せよ 姪っ子一号。
 良い出会いがあるといいね。
[PR]

by loveletterjunkone | 2011-07-08 17:35 | 好きなもの

 知らない町を見ているような・・・

 らもす・・・なんか違う町のようだったよ

 生まれ育った町へ帰った。
 駅を出て一番最初に見えたものは・・・
 
e0147716_11551346.jpg

 背の高いフェンスより高い山。泥と瓦礫でできた山。
 この積み上げられた山の中には
 昨日まで当たり前だった暮らしがある。
 見慣れた床や柱や屋根やテーブルや椅子や写真や車の一部や・・・
 形はすっかり変わってしまったが、ここにある。
 
e0147716_11561566.jpg

 
e0147716_1157435.jpg

 
e0147716_1157441.jpg


 私はこの町を出てから もう30年くらい経つ。
 ここで暮らしてた頃の私は、テレビや雑誌でみる世界から遠く離れた
 「刺激」のない田舎暮らしに愚痴をこぼしていた。
 何もない田舎から、いつか都会に出る日を心待ちにしていた。
 でも、それまでは・・・その日がやってくるまでは
 それなりに、一生懸命生きてたように思う。

 私も、そして友達も、この町を離れ、今は違う場所で暮らしている人が多い。
 それぞれが違う場所で、違う暮らしをしていても、
 ここに戻ると、みんなあの頃の懐かしい笑顔に戻る。
 いつもと変わらない顔ぶれ、いつもと変わらないお店
 「この町も、昔栄えてた頃と違って、もうだめだね~」なんて言いながらも
 ここに戻ってくると、素の自分に戻ることを許されてるようで、ほっとしたものだ。

 故郷というものは、そういうものなのだろうか。

 山があって、海があって、あの顔があって、あのお店があって・・・
 歳を重ねれば重ねるほど、この町が好きになっていった
 帰る(戻る)田舎があることは幸せなことだった。
 
e0147716_11594917.jpg

 
e0147716_1203830.jpg

 
e0147716_1212792.jpg



 でも、今。
 こんなに町が変わってしまっても、
 
e0147716_1231614.jpg

 懐かしいお店が無くなってしまっても、
 
e0147716_12402.jpg

 私たちは、以前より もっともっと この町が好きになった
 
e0147716_1243689.jpg





 正直に言うと、
 私には、あちこちに懐かしい思い出が残る町ではあるけど
 見慣れた町とは言えなくなってた。
 「あれ?ここに○○ってお店があったよね?」と聞くと
 「姉ちゃん、そのお店、もうとっくになかったし・・・」と言われる。
 一年に一度、帰省するかしないか・・・の
 町の記憶はどんどん薄れていくし、知らないことが増えていく。
 その町が、こーーーんなに変わってしまうと、
 まるで 知らない町を見てるような、なんとも不思議な光景だった。

 その中に、私の懐かしい思い出から外せないお店を見つける。
 つい半年前に帰省したときの記憶のまんま、
 昔のまんまで残ってない姿を見ちゃうと
 大事にしてきたタカラモノを一つ。そしてまた一つと・・・
 太刀打ちできない自然のチカラによって失くしたものは
 「しようがないよな~」そう言って手放すしかないのか?と悲しくて辛かった。
 寂しかった。切なかった。胸がぎゅーっと締め付けられた。

 身内や同級生などは、あの日のことを笑って話す。
 よくそれで生きてたね~ってことを笑って話す。
 悲しい話も、辛い話も、最後には笑い話にしてしまう。
 きっと昨日まで何度も何度も涙を流したことだろう。
 いや、今もまだ、この先もずっと、涙を流す日があるのだろう。
 ある人が言っていた。

 「悲しいごとや辛いごどを思い出したりしてるわげでねーし
 普通に、ただあるいでいるだけなのによぉー
 何が何だがわがんねげど、勝手に涙がでてんだっけー」


 って・・・

 私みたいに日本から東北から遠く離れたとこに居る人が
 「わかる」と言うのは、あまりに軽い感じがするし
 その人の何百分の1くらいかもしれないけど
 何だか、それが、「わかる」ような気がする。
 確かに、ここで?このシチュエーションで?ってとこでこみ上げてくるのだ。

 友達は、少しでも早く町が元気を取り戻すことを願い、
 熱い想いで新しい街づくりを考えている。
 是非それに参加したいと、東京から車で何度も帰っている。
 しかし私は、その話を「そうだね」「うんうん」と聞きながらも
 彼女よりも、もっともっと手前で止まったままだ。
 そのつもりで帰ったのに、止まったままだ。
 これではいけない。
 
e0147716_12351797.jpg


 そうだ!負けてはいけない。
 どんなに悲しいことがあっても、明日はやってくるのだから。
[PR]

by loveletterjunkone | 2011-07-04 13:00 | おかあさんのこと