<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 それなり

 らもす・・・アメリカでは「ビスケット」 英国では「スコーン」って言うのだぞ


           これと・・・(ビスケット生地)
 
e0147716_9412842.jpg


           これを・・・(大好物 あんこ)
 
e0147716_9422052.jpg

           これに、入れると・・・(綺麗な箱)
 
e0147716_9425582.jpg

           まあまあ・・・
 
e0147716_9432970.jpg

           それなりに・・・
 
e0147716_944013.jpg



          みえるよね?
[PR]

by loveletterjunkone | 2011-03-30 09:50 | 器 料理 など

 10月の海

 
 らもす・・・かあちゃんね、サイレンが鳴っても逃げたことなかった。津波をなめてたよ。

 
 昨年の 10月に見た 海

 ここは 世界的にも有名で珍しい片寄せ波の海岸
 (寄せる波のみで返す波がない現象。浜の粗い砂の間に寄せる波が吸い込まれてしまうため、
 波が海岸線で消えて返す波がないという。遠浅の白い砂浜が約500m続く)
 
e0147716_10422649.jpg

 
e0147716_1043121.jpg

 
e0147716_10433536.jpg


 防波堤と水門
 
e0147716_10441945.jpg


 公共埠頭
 埠頭には、たくさんの野良猫が暮らしている
 この埠頭で、アルシンドと別れ話をしたっけな・・・
 
e0147716_10452884.jpg

 
e0147716_1046120.jpg

 
e0147716_10463120.jpg


 そして、古いアルバムから。
 お魚を抱いた真っ白い 観音様 が海を向いて立っている。(高さ48.5m。昭和45年建立)
 妹が住んでた家の前の道路から、この観音様が見えた。
 
e0147716_10485380.jpg

 
e0147716_10535491.jpg

 あの日、かんのんさんは、迫りくる波を、どんな気持ちで見ていたんだろう。
[PR]

by loveletterjunkone | 2011-03-26 11:25 | 思い出

 ころも替え

 らもす・・・寒い冬の次は、暖かい春がやってくるよ。

 今日の らもす地方 あったかです ぽかぽかです。

 朝晩は、まだ厚手のジャンバーがほしい寒さの日もありますが
 日中は、最高気温が10℃以上になる日も多くなってきたので
 冬物のジャンバーをクリーニングに出し(まだ早いかな?と迷ったけど・・・)
 今週からフリースのジャンバーを着てお散歩に行ってます。
 同じ15℃でも、風のある日とない日とでは体感温度に差があり
 汗をかきかきお散歩したり、ぶるぶる震えてお散歩したり・・・です。
 今日は、20℃まで気温があがりました。

 もう 春ですね~~~

 そうそう。らもすのぼこ毛も増えるころ。
 (換毛期に、ぼこっと抜ける毛のことを我が家ではこう呼んでます)
 
e0147716_9395413.jpg

 
e0147716_9402936.jpg


 虫も飛んでます。(ダニもでてきた)

 らもすも飛んでます。
 
e0147716_9413318.jpg

 らもすも喜んでます。
 
e0147716_9423097.jpg

 らもすも頑張ってます。
 
e0147716_943443.jpg

 らもすも元気です。
 
e0147716_9434364.jpg


 もう 春ですね~~~

 そろそろ 衣替え
 ゆっくり  心替え

 いま いらないものは とっぱらって
 いま いるものだけ 身につけて
 かるくしよう ・・・っと。



心配してメールを下さった方。無事を喜んで下さった方。
そして、見守ってくださった方々。ありがとうございました。
お一人お一人にお返事も差し上げず不義理なことしてすみません。
「返事は要らないから・・・」
その温かい言葉と気持ちに甘えさせてもらってます。

[PR]

by loveletterjunkone | 2011-03-18 23:59 | 公園 散歩

 無事です

 みな、無事です。

 一緒に無事を祈ってくださった方々には、とても感謝しています。
 ありがとうございました。

 頭が混乱してて、何をどう書いていいのかわかりません。
 まだ、安否確認ができず不安な日々をおくってる方々のことを思うと
 素直に喜ぶことができず複雑な思いです。
 行方不明者名簿の中には、同級生ふくめ知ってる人の名前もありました。
 どうか生きててくれ・・・そう祈るばかりです。


 衛星電話を使って、妹の旦那から東京にいる姪っ子2号に連絡が入りました。
 すぐに、姪っ子2号からはメールで、弟からは電話で、私にも連絡が入り
 「妹も妹の旦那も姪っ子1号もソラ(犬)も無事」であることがわかりました。
 義母も義妹家族も親戚も友達の家族も無事だったとメールも着ました。

 今もこちらから電話をかけたくても繋がらないので
 まだ、詳しいことは聞けてません。
 (こちゃ(犬)だけ一緒ではないようです。もう5日以上?離れ離れなのかな~?
  「病院にいるから大丈夫・・・」と言ってたらしいのですが、それがどういうことなのかもわかりません。)



 連絡が入る数時間前、更新された避難者リストの中に
 妹と妹の旦那の名前を見つけました。同じ避難所に居ることもわかりました。
 しかし、安堵したのもつかの間、そこに姪っ子1号の名前がないのです。
 全部の名簿を、何度見返しても見つけることが出来ず、
 今回の大震災があってから、はじめて大泣きしました。
 それまで、泣いてる余裕などありませんでした。
 気が張ってたんだと思います。ずっと緊張してたんだと思います。
 妹たちの名前を見つけて、張り詰めてた気持ちが少し緩んだ後のことだったので
 余計に、ずっと蓋をして抑えてきたものが一気に溢れたんだと思います。
 睡眠不足と大泣きで、頭がガンガンしてきて
 このまま起きてても、悪いことばかり考えてしまう。
 とにかく今は、少しでも寝て、起きたらまた考えよう・・・と
 椅子に腰掛けたまま、うとうとしてました。
 そこに、弟から電話がかかってきて、みな無事だとわかりました。
 こちらの朝5時半でした。

 妹の旦那が、姪っ子を3日間捜し続け、やっと会えたらしいです。
 そして、妹とソラが待つ避難所へ連れてきたと聞きました。

 妹家族が住んでた家は、津波に押し潰され全壊しました。

 実家へ行くと言ってるようですが、
 もし車があっても、しばらくは難しいでしょう。
 弟も、迎えに行きたくても行けない・・・と言ってました。

 昨日まで当たり前だった日常がなくなる。
 それがどんなことなのか想像はできても現実にはわからない。
 頑張っている人に、さらに「頑張れ」と言うのを避けてきたけれど
 今は「頑張れ!頑張って生きててくれ!」・・・
 心の中で言い続けてる。



 るっこへ
 生きててくれて、ありがとう。
 避難所生活は大変だろうし、疲れてると思うけど
 困ってる人や動物がいたら助けてやれよ!
 るっこなら頑張れると、姉ちゃん信じてるからな。
[PR]

by loveletterjunkone | 2011-03-17 08:08

 これからなんだ

 らもす・・・一緒にがんばろうな。


 あーーーーーーーーー
 ちっきしょーーーっ!

 るっこは、私が今こうしてる間も
 「姉ちゃん助けて。助けに来て。」って言ってるのに
 姉ちゃんに甘えたいくせに我慢しちゃう 
 かっわいくない るっこが 「助けて」って叫んでるのに
 それも人生最大のピンチ S.O.S なのに
 なんもできない姉ちゃんって、どーよ?

 私は、るっこの姉ちゃんじゃん。

 姉ちゃんなのに・・・こんなときなのに・・・
 助けてあげられないって、どういうこと?

 情けない・・・

 はい。わかってます。
 自分を責めたところで、どうなるわけでもないし、
 ひとっつも役に立たないことをしてるだけなんだけど
 今は、こうすることでしか不安を静められません。

 まだ、電話も繋がらない。
 何処でどうしてるかわからない。
 避難者名簿の中に名前がない。


 ただ待つしかない。
 
 本当は今すぐにでも行ってあげたいです。
 同じように、居ても立っても居られず被災地に向った友達もいる。
 でも、やれることと言ったら、自分の家族の安否(無事)をみんなに伝えることと
 映像で観たまんまと同じ、町がどんなに酷い惨状かを伝えるだけ。
 だけ・・・とは不適切な発言かもしれない。
 被災者家族の誰もが今一番知りたいことだってわかるし、私だって同じ。
 本当に無事で良かったと思う。その気持ちに嘘はない。
 でも、無事であることを喜んだ後の落ち込みと焦燥感はどうすることもできない。

 安否がわかっても そこで終わるわけじゃない・・・

 そこからまた始まるのだと思う。

 行かなければならない最悪のときは、すぐに行こうと思ってます。
 無事が確認されたら、もう少し待ってから行った方がいいと思ってます。
 日本に帰った時は、おそらくかなりのエネルギーが必要になるでしょう。
 身内のため、動物のため、町のため、他にも・・・たくさんやることがある。
 だから今は、その日に備えて、体力もお金も脂肪も?蓄えておかなきゃ!
 
 それがわたしの 待つしかない    なのかも


                あ。今すぐやることあったよ! らもちゃんのお風呂! ひひ  
e0147716_10185079.jpg

                おうおう。そんなに嬉しいか? ふふ
 
e0147716_10192266.jpg


                 んなわけないよな!(らもちゃんお風呂、だいきらい)
[PR]

by loveletterjunkone | 2011-03-15 10:27 | らもすのこと

 無事を祈り 待つしかない

 らもす・・・心配かけて、ごめんね。


 はじめに、3月11日に発生した「東北太平洋沖地震」で
 被災された皆様にお見舞い申し上げると共に
 亡くなられた方とそのご家族の皆様には心よりお悔やみ申し上げます。


 そして、私の身内の安否を心配して
 電話やメールやコメントして下さった方・・・
 本当に ありがとうございます。

 まだ、連絡が取れず、安否の確認はできてません。
 すぐに、災害時用伝言ダイアルにも メッセージを残しました。

 県外に住んでる同級生や姪っ子2号の話では、
 地震からわずか3分後に起きた大きな津波が、
 市街地におしよせるまでに、30分以上の時間があったらしく
 そこに居たほとんどの人は高台に避難することができたそうです。

 波は、12日の午前7時過ぎに引いたそうです。
 私の思い出の町。その一部がなくなりました。

 でも、町はなくなっても、みんなみんな生きてて欲しい。
 逃げ遅れた人の様子や、犠牲になった人の様子を伝える
 ニュースや新聞記事をみて、どうか・・・どうか・・・と祈る気持ちでいっぱいです。

 (↓その様子を伝えるニュースと記事です)

 *「津波が来るぞー」。消防署員らがハンドマイクで叫んで回った。
  自宅で被災した小川誠也さん(83)は、目の前で妻の静子さん(80)を津波にさらわれた。
  11日、地震のわずか3分後だった。
  2階にいた小川さんは、1階の静子さんに「上がれ!」と声をかけたが、
  すぐに波が1階天井まで押し寄せた。「あー」と声を上げたまま、静子さんの姿が消えた。(ニュースより)

 *魚の臭いがする泥を、自衛隊員や県警の警察官らが
  かき分けるように生存者を捜索するが、見つかるのは遺体ばかり。
  商店街横の河原の土手には白い布を掛けられた犠牲者らが並べられた。
  布の間から見えた足は小さい。横顔には、まだあどけなさが残っているようだった。(スポニチより)


 これ以上、犠牲者が増えないことと、動物たちが無事でいることを祈るばかりです。

 そして、別々の場所、避難場所で、
 停電のなか、不安な夜を過ごしてるであろう 妹家族と
 被災された方々が、少しでも早くご家族に会えますように・・・

 妹の大切な家族 こちゃ と ソラが
 家族の誰かと一緒でありますように・・・

 義母が、無事でありますように。そして一人で不安な夜を過ごしていませんように・・・

 市街地の真ん中に住んでる親戚、同級生とその家族、
 勤務先にいたであろう 義弟と姪っ子・・・

 そして・・・
 この町から離れた田舎で被災した私の両親、祖母、弟
 
 みんな、みんな、どうか無事でありますように・・・


 そして・・・

 私たちの ただならぬ様子を見て 
 不安になったのでしょう。心配したのでしょう。
 らもす、吐きました。
 ごめんね、らもす。

 心配ではありますが、今は、待つしかないのです。
[PR]

by loveletterjunkone | 2011-03-13 01:59 | らもすのこと

 巣穴からでてきたシマリス と クルピコ尻尾のらもす

 らもす・・・いっぱい寝て、いっぱい食べて、いっぱい歩こうね。
 
 3月1日。カメの公園を散歩してたときのこと。
 その日も、また可愛い仔に会えちゃったんです。
 ちょっと前に会った可愛い仔は、冬眠しない灰色リスでしたが
 その日会った可愛い仔は、冬眠(冬ごもり、巣ごもり)するシマリスです。

 らもすと、カメの公園にある 池の周りをテクテク散歩中に
 カサカサと音のするほうを見てみると
 木の根っこの穴から(巣穴)目にも留まらぬ速さで
 外へ出ては巣穴に戻るを繰り返してた シマリス がいました。
 
e0147716_724783.jpg

 最初は、そのスピードに目がついていけず、
 音はするけど姿を確認することができなかったので
 これじゃー写真に撮る事もできないなーと諦めるつもりでしたが、
 目が慣れてきた頃に、シマリスの動きがぴたっと止まりました。
 警戒して、こちらの様子を窺ってます。
 
e0147716_7112930.jpg

 
e0147716_7121026.jpg

 もう少し見ていたかったけど、これ以上ここに居たら、シマリスが可哀想なので
 その場を去ることにして、らもすとテクテク散歩の続き・・・

 そして、いつもの場所で、くるくるぴこぴこ尻尾のらもすと ボール遊びをする。

 
 らもすのくるくるぴこぴこ動く尻尾をじーっと見てたら
 「よくこんなにも速く動かせるもんだな~。尻尾が動くって、どんな感じなんだろう?」・・・と
 おケツの上のくぼみ辺りがむずむずしてきた。(笑)
 でも、私には尻尾がない。(ざんねんっ!)
 尻尾のない人間が、尻尾のような動きを真似ようとすると
 ”KARA”になる。(みなさんもやってみそ!)KARAのように腰を振ってしまうのだ。
 らもすの尻尾の動きに合わせると ”高速KARA”になる。(何やってんだか)
 あのぉ・・・でも・・・全然なってません。・・・全然できてません。
 しんどい・・・
 終いには、天秤棒に桶をぶら下げて歩くコントの加トちゃんの腰みたいになります。(知ってる?)
 いや~~~ KARAの腰より、加トちゃんの腰より、らもすの尻尾はすごいっ!(笑)


 そんなことしながら1時間くらいボールで遊んで、また池の周りをゆっくりテクテクと歩きました。
 
 「らもす・・・まだ、シマリス いるかな~?

 さっきまで、その辺を走り回ってた シマリスの姿はなく、シマリスの巣穴の上には・・・
 
 そこに居たのは・・・

 そこに立っていたのは・・・

 赤い目をした この鳥だった

 
e0147716_8161687.jpg

 
e0147716_817174.jpg

 (この鳥の名前は?わかる方がいたら教えてください。)


 ところでえ
 えーーーっとお
 まだ、腰が痛いんですけどおおお。(KARAなんかやるKARA)
[PR]

by loveletterjunkone | 2011-03-09 19:00 | 公園 散歩

 はいっ! かしこまり~♪

 らもす・・・おてがみ ありがとう~

 アルシンド宛てに ハガキが届いた。
 
e0147716_06265.jpg

 らもすから 初めてもらうお手紙だ。
 そこには、こう書いてある。
 
e0147716_07230.jpg



 ちょいと そこの アルシンドさんよぉ~
 ぼくだよ、ぼく。らもすだよ。
 あのね、ぼくがいつもお世話になっている
 病院のスタッフさんが言うことにゃ~
 ぼくの健康の為にも、
 そろそろ病院に来てくれってことらしいぞっ!
 電話して予約してくれよ!

 あ。そうそう。そん時にね
 便のサンプル持ってきて!ってことらしいぞっ!
 それがどういう意味か・・・わかるよね?
 ぼくの 「もりもり うんこ」 から ちょこっとだけ摘んでちょーだい!ってこと。
 かあちゃんでも とうちゃんでもいいけど、
 マイうんこ、頼むよ! ぷぷ

 ラブ注入~ らもすより



 そういうことらしい。(笑)
 アルシンド宛てのハガキってのが気にくわないが(笑)
 初めて らもすからもらったハガキだし(うれぴー)
 らもすに、こう、頼まれちゃったら~
 這ってでも・・・行かねばならない。忘れてもいけない。
 ちゃんと、ちゃんと、うんこ持って、連れて行くからね~~~

 ニンマリ 嬉しい らもすからのハガキでした。

 
e0147716_012302.jpg

                    (ふぁ~~~ 今日は朝から どしゃ降りだぁ~)
[PR]

by loveletterjunkone | 2011-03-01 00:00 | らもすのこと