今日のらもさん

 らもす・・・ちょっとぉ〜〜〜 落ち着きないぞっ!

 今日も らもすは

 よく食べ(食欲ありすぎ)
 よく寝て(ぐっすりだね)
 よく遊ぶ(すごいじゃん)

 腫瘍が見つかった以前よりも
 なんだか元気にやってます。(笑)

 腫瘍が見つかった日は(6日)
 病院に5〜6時間。検査したり、体を触られたりしたことが
 らもすにとってストレスだったのか・・・
 とても疲れたようで、ぐったりしてました。
 私たちも、腫瘍が見つかったショックもあってか
 疲れ切ってるらもすが、病気のせいであるように思えて(見えて)
 余計に辛くなりました。

 その日、飼い主2人で話し合って
 外科的治療はしないことを決めた。
 とにかく、私たち飼い主は、
 らもすが、苦しまないように、痛くないように、だけはしてあげたい。
 その為に必要な薬を与え、食事に気をつけ、
 らもすらしく毎日を過ごせるようサポートしていこう!と決めた。
 
 腫瘍が見つかった日は、いろんなことが頭の中でぐるんぐるんして
 何が何やら、何をどうしたらいいのか、わからなかったけど(苦笑)
 副作用が少ない薬を選択することは勿論だが
 らもすが苦しまない為に、やむを得ず
 副作用のある薬を飲ませる必要が出てくるかもしれない。
 混乱した頭で、そう考えた私は、
 
 とにかく、免疫力を高め、
 もし副作用のある薬を使わなければならないとしても
 それに耐えられる体力をつけさせよう!と考え
 ネットでいろいろ調べて
 その日の内に、免疫力を高める効果がありそうなサプリメントを注文した。

 β−グルカン というものだ。
 
e0147716_532596.jpg


 そのサプリメントは8日(金)に届いた。
 らもすの担当医に相談もせず(苦笑)
 その日の夜から、サプリメントを与え始めたのだが
 飲ませ始めてから今日で6日目。
 気のせいだろうか?
 何だか、前より元気になってるように感じる。
 よく食べるのは以前と変わらないが
 以前と変わったのは、よく歩くようになったこと。
 その歩き方にも力を感じるのだ。

 だけど、そう感じてはいても
 検査結果が良くなかったのは事実で
 肺に2つの悪性腫瘍があり、若干、肝臓への転移も見つかった。
 ただ、担当医の話では、「らもすの血液は元気!」らしい。
 「元気」と言われると嬉しい。
 「白血球値は高い。らもすがんと闘ってますね。」
 そうも言われた。
 血液検査の結果を見ても、白血球値は高めだが
 それ以外は(腎臓機能のBunやクレアチニンも)全て正常値内。

 昨日(12日)、らもすの検査結果を見ながら
 がんのスペシャリストを交えてカンファレンスしたらしい。
 今(13日)、アルシンドがその話を聞きに行っている。
 私とらもすは、家でお留守番中。(笑)
 ↑がんのスペシャリストなど、専門医が揃ってる病院が
 家から車で20分のトコにあると聞いた。
 ここは、最先端医療機器が全て揃ってる
 アメリカでも2つしかない病院だとか。
 積極的な治療を望むならば、そこを紹介してくれるらしい。
 
 
 今日の らもさん
 
e0147716_5385248.jpg


 飯くれ、飯くれ〜〜〜 と
 しつこく(笑)付きまとい
 食べた後も、もっとくれ〜〜〜 と
 しつこく(笑)付きまとい
 やっと諦めてくれたのか? 熟睡中です。
 


 と。
 この記事をアップするのに画像を取り込む必要があったので
 その前に公園散歩に出かけました。 
 特に今日のらもすは、朝からとても元気で落ち着きがなく
 私の後を付いてずっと歩きっぱなしでした。
 公園でも、いつもより力強く歩き、
 ボール遊びをするつもりがないのに、勝手に走り出し・・・
 また、走りだし・・・ そして・・・


 急に パタンっと倒れ 意識を失いました

 (何が起こったのか? わからないけど)
 急いで抱き上げ、とにかく、鼻から息を吹きかけ
 すぐに口を開いて、また息を吹きかけ・・・をしました。
 すぐに意識が戻ったのですが、くたーっとしてるので
 そのまま動かさずに、20分くらいじっとしてました。
 私も急に足が震えだし止まらなかったので、とにかく落ち着こうと・・・
 しばらくすると、下に降ろせ〜とバタバタ動き出したので降ろすと
 何事もなかったかのように歩き出したので
 ちょっと歩かせて、すぐにまた抱きかかえて家に帰ってきました。

 怖かった〜〜〜〜 ものすごく怖かった〜〜〜


 
 
 洗面所の鏡に映った自分の顔を見て なんだか泣けてきた。
 口の周りに土がいっぱいついてて真っ黒なんだもん。

[PR]

by loveletterjunkone | 2013-03-14 05:46 | らもすのこと