気になる 1%

らもす・・・この1%が お母さんにはおっきいんだよ~

最近よく見るCM・・・これ経験したことのある人は多いと思う。
自慢じゃないけど(笑)一度も鍋の底や、やかんの底を焦がしてしまったことはない。
やばいところまで やっちゃったことはあるんだけど
煙もくもく 鍋底に穴・・・なんて失敗は一度もない

でもでも・・・
その日 車を走らせて10分 お母さんの頭の中は戦ってた
「ん?消したかな?」 「いやいや、絶対に消したって!」
消した記憶は残ってる でも頭の中では延々と上のやり取りが続く

それは ガスの火
e0147716_11203576.jpg

朝コーヒー派のお母さんだが この日は紅茶が飲みたかったんだ
沸騰したお湯をティーポットに注ぎ 待つ事5分
ガスの火は消した 確かに消した
99%確かな記憶・・・なのに たった1%の曖昧さが不安にさせる

本当に不安であれば10分で引き返したであろう
でも お母さんは40分運転した目的地に着いている

大抵こんな時はちゃんと消しているもんだ
今までも こんな事があったけど消してなかった事などない
逆に何も不安がない時に・・・ミスはあるもんだと思ってる

わかってる。わかってる。大丈夫なはず。
いや 絶対に 大丈夫だって!

なのに、、、なのに、、、わかってるはずなのに・・・
どうしても気になってしようがない理由がある

らもす 

らもすが居るから・・・
らもすがそこに居るから 1%の曖昧な記憶が 
お母さんには100%の不安になってしまう
大丈夫だとわかっていても 帰りたくなってしまう 戻らなきゃって思ってしまう

「え?かあちゃん もう帰ってきたの?」
e0147716_1124235.jpg

そんな顔してたよね
e0147716_11252350.jpg

かあちゃんね、そんな顔が見たかったのさっ!

ほらねっ ガスの火は消してたでしょ~
[PR]

by loveletterjunkone | 2009-07-25 11:39 | らもすのこと